トップ 樹木・木材図鑑 ギャラリートーク フリーページ 著作とリンク メール
ツイッター
新着情報提供

 フリーページ No.1    「ヒノキとサワラの見分け方」


ヒノキとサワラの見分け方

ヒノキ

 サワラ

ヒノキとサワラは外見が似ていて、見分けるのが難しい樹木です。

樹皮はヒノキが赤っぽい色で、薄い樹皮が大きめにはがれます。
サワラは樹皮の雰囲気はスギに近く、薄い樹皮もヒノキより小さい範囲ではがれます。

ヒノキの実は直径10ミリほど、サワラの実は直径6〜7ミリほどで、サワラの方が一回り小さく、実があれば見分ける手段になります。

ヒノキの葉の先端が全体的にウチワ状なのに対して、サワラの葉の先はやや尖っています。

見分ける方法として最も有効なのが、葉の裏にある白い気孔の形です。

ヒノキの気孔がアルファベットの「Y」の形をしているのに対し、サワラは「X」の形です。

※木材の違いについはサワラのページを御覧下さい。

Free Page

フリーページは、木の面白さを伝える方法を試行錯誤するページです。

copyright girls illustration jyumoku-mokuzai zukan all right reserved