トップ 樹木・木材図鑑 ギャラリートーク イラストギャラリー 著作とリンク メール

Character

 野 聖夜

 もみの せいや
冬がとてもよく似合う女の子。寒さにも負けずに生き生きとした姿が印象的です。

趣味は、お買い物とケーキを食べること。クリスマスの夜を一緒に過ごしてくれる彼氏を募集中。

モミ

 樅 / モミ
 常緑針葉樹 / マツ科 モミ属
 樹高:40m / 木材比重:0.44(平均)
 分布:本州〜九州
モミの木はクリスマスツリーの木としてよく知られています。冬にも葉の緑が美しく、樹形も三角形にまとまりやすいのが理由です。実際にクリスマスツリーとして利用されるのは、モミに似たウラジロモミの方が多いようです。

Tree

 樅 / モミ  ウラジロモミ
モミ
モミ属の中で最も温暖な地域に分布しています。平野部から山地にかけて普通に見られます。

神社など身近にもあり、写真のモミは幹径推定80センチ、樹齢は100年以上の御神木です。

植林されてはいませんが、大径木に成長するので、スギやヒノキと一緒に天然木が出材されます。

ウラジロモミ
標高が1000m地帯になると、モミに代わってよく似たウラジロモミが多くなります。

ウラジロモミはその名の通り、葉の裏が白く、2本の白い気孔線が目立ちます。

葉の裏が白くて綺麗なので、クリスマスツリーにはウラジロモミの方が多く使われています。

なお、ヨーロッパやアメリカなどでクリスマスツリーとして使われるのは、ドイツトウヒなどの近縁種で、日本のモミとは違う種類です。

モミの葉は、先端が2つに分かれて尖っているので、他の近縁種と見分けられます。

写真左がモミ。中央がイヌガヤ。右がカヤです。

写真のモミは老齢樹のものなので、若木ではもう少し鋭く尖っています。

Material

木材

 樅 / モミ
木材は、全体に白い色で、芯材(赤身)にあたるような濃い色の部分は見当たりません。木目はやや目立ちますが、見た目に優しい雰囲気です。

モミには香りらしい香りが殆どありません。香りが薄い割には、抗菌作用があり、この特性を活かして、昔はカマボコの板によく使われました。他にも建築材をはじめ、家具や建具など、各種用材として利用されています。

大径木になるので、樹齢を重ねた樹では目の通った美しい柾目が現れます。

現在、モミは木材としての利用が少ないので、一般的に低価格に取引されますが、このような良材については別格の扱いを受けます。

生育環境などの違いにより、成長の度合いが大きく違う事があります。木目の美しさや強度に影響するので、木材の素性によって用途を使い分けます。

写真左は一般的な材。右は推定樹齢200年のモミです。

木口面を見れば、生育の差が大きい事が良くわかります。

※モミとウラジロモミの木材の違いにつては、今後の課題とさせて下さい。

Craft

クラフト

 樅 / モミ
木の時計画像提供
比較的柔らかで加工性もよく、使い易い素材です。
一般的にモミは装飾品として素のまま利用されることは少なく、裏方的な存在です。

樹齢を重ねた木目の美しい材は、穏やかで優しい雰囲気があり、全体に白く清楚な印象なので、女性には好まれます。

クリスマスツリーに使われる木としてキャッチフレーズを作るのも有効です。

高価な木材ではありませんが、あまり流通していないので、探しづらいかもしれません。

※記述は筆者の経験則によるもので、学術的な見解ではありません。  --サイトのご利用について--

Character
針葉樹

広葉樹

樹木医
大工
ツイッター
〜樹と木の話〜

新着:new


copyright girls illustration jyumoku-mokuzai zukan all right reserved